相変わらずジェットコースターな毎日を送っております(爆)




12月8日(火)抗がん剤投与9回目を終えての帰宅許可で退院し、
例によって全くご飯を食べてくれず
翌日絶食便で体重45.7gだったため再々入院したるるぶぅ(-_-;;

だけど飼い主の心配と裏腹に病院へ連れて行く車の中では
ご機嫌に歌っていたし、入院後、強制給餌することもなく、
自分でモリモリ食べて翌朝の体重51gだとぉーー



なんですと?!



家では結構嘔吐いていたので
抗がん剤投与の後は胃に違和感あって食欲ないところへ
環境変化で失敗だったのでは??

へっぽこ飼い主は自分のヘタレさを抗がん剤のせいにして
次の帰宅日は投与翌日以降にしてみることにしました。



12月15日(火)
るるぶぅさん、予定通り10回目の抗がん剤投与と血液検査を行いました。

電話にて、帰宅許可を得ていたので、
血液検査の結果説明とぶぅのお迎えで翌日の16日予約を取りましたわ。





この日は院長先生からのご説明でした。


15日の血液検査の結果は、貧血は改善されているものの
異形性に見えるリンパ球ではないか?と思われるものがちょっと増えていて
(投薬開始後ほとんど見当たらなくなっていたのが見られているので
リンパ球ではなく単球なのかもしれないが‥‥)
週1回では抑えこめていない可能性があるので
ちょっと大変だけど、週2回の投与に‥‥とのことでした。

まぁその前に、まずおウチに慣れるということなのですが
退院しても翌日病院に逆戻りが続いていたへっぽこ飼い主に
満面の笑みで「大丈夫! 必ず慣れます!!」と力強いお言葉を頂き
院長先生ご提案「病院セット:錯覚作戦!」として
病院で生活しているそのままの空間(プラケ&水入れ&餌入れ)ごと
退院いたしました。



帰宅時の体重51.4g




【作戦:その1】
大きなプラケの中にヒーターと病院セットを入れて環境の変化を誤魔化す。



【作戦:その2】
今度は言い逃れが出来ない投薬の翌日(笑)
12月16日(水)に再々リベンジ!!




【作戦:その3】
今回は前回帰宅翌日食べる間もない程ずっと寝ていたので
病院からの指示で夜間点灯していたのだけど、
どうせ連れてきて直ぐは食べるどころじゃないだろうから
今回は夜薄明かりにして、寝かせようと厚紙で簡易シェード採用

そして例によって、あまり興奮させてはいけないと、今回もWEBカメラで監視



20151216-184432.jpg


予想通り、帰宅後疲れたのかずっと爆睡しておりました。




翌朝の体重 : 48.0g


まぁ、これは想定内。
再々再入院決定の限界 17時までに食べてくれーーー


入院セットなんぞに騙されんぞ!
ココはどこじゃ??と
なんとも落ち着かない様子。


う〜む。
オモチャ禁止といわれてるけど、落ち着かないならこれは??



【作戦:その4】
ナルシストな君に贈る

おおっ、なんかやっと落ち着いた感じ。

でも時はすでに17時‥‥



体重:46.5g
当然ながら絶食便


さぁ、どうする?どうする???




う〜む‥‥
でも前回、病院連れて行っても自力でご飯食べてたって言うし‥‥
もしかしたら、慣れてきた頃移動させてたのではないか??
もう一晩だけ様子をみて、食べなければ翌朝1番で連れて行けば??なんて考えていたら‥‥



2015-12-17-185516.jpg




うぉぉぉぉぉーーーー!!!

クララがたった!!!
るるぶがたべた!!!!




2015-12-17-200009.jpg

水を含んで、パウダー療法食をつまんで
プラケになすりつけて食べるという
なんつー食べ方www







どんな食べ方だって、食べてくれりゃいいってことよっ



翌日18日
朝の体重:50.0g

夕の体重:51.4g

よっしゃぁぁぁ〜〜〜〜!!





更に翌日19日は通院日
その時にレンタルの病院セットを返却しようと夜、陶器の餌入れに変える。




え????




なんかぶぅの様子が‥‥
鏡から離れず、餌の方は「見なかったことに‥‥」みたいな態度。
嘘でしょ????


朝の体重:45.6g


も、もしかして、餌入れ変えてから飲まず食わず????


夕の体重:45.0g
ぜ、絶食便じゃん!!!



この陶器の器が化け物にでも見えるのか??

item_a01.gif


容器を病院で使っていた改造ボレー入れに戻してみる。






食ってるし‥‥

なんてチキン野郎

ぶぅが元気に戻って来ますように‥‥と願掛けたスイーツ断ち
いつ解禁と判断するか なかなかびみょぉぉーーー www




にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村
Twitterで、大騒ぎしていたのですが、
入院45日目の12月1日、
るるぶぅ帰宅許可が出ましたぁ〜〜〜


とはいえ、今回は試験的退院とのこと。

っと言うのは、抗がん剤治療を今まで週2回ペースでつづけていて効果有りで
とても良い結果だったのですが、1回だけですが黒い便をしてしまって、
1週間休薬し、その後週1回の抗がん剤の血液検査をした結果が
ダメというほどではないのだけど、
少し貧血気味で白血球もちょこっと上がっていたのです。


血液検査の結果説明含めて、また院長先生から説明を受けました。



るるぶ血液検査比較4


【休薬から1回目(1回/週)の抗がん剤治療後の血液検査の結果】

◎少し気になるのは貧血気味(参考正常値は気にしないでよい) 

考えられる原因‥‥
1.血液検査のために血液を抜いているせいなのか
2.リンパ腫によるものなのか
3.薬の副作用なのか
4.たまたまなのか


・1週間おきの採血は少しきついのかなぁ‥‥
・黒いうんち騒動で抗がん剤2種類をお休みしていたので、薬の副作用ではないだろう
・胃腸が悪くなった時に出た黒いうんちはもうでていないので
 胃腸から出血していないのなら、本来数値は改善されていくはずなのだが‥‥


◎白血球が少し増えている。
 顕微鏡で見ると、白血球にすこし違和感(腫瘍とまではいかないが異形成)


Q:P(リン)が高いが‥‥?
Pは腎臓の働きを判断するのだけど、尿酸値と一緒に測らないとあまり意味がない。
ちょっと高いけれど、これ単体で判断するものではないので。
(リンパ腫の場合、本当はカルシウムも測った方がいい。)



【今回の試験的退院について】

小鳥の場合、抗がん剤は1錠あげるわけにはいかないので
すり鉢で擦ってから、正確に測って希釈する必要があるため
自宅ではむずかしいだろう‥‥
     ↓
そういう点も考えると、やはり週1回の通院投与
さらに腎臓保護の点滴も週1回になると腎臓の値がどうなるか‥‥


来週の火曜にもう一度だけ採血し、今後を予測
その後は採血ペースを2週間に。



【るるぶぅの状態】
本人は全然元気で、何も問題はない
食欲も元気もあり、体型もがっちり




但し‥‥ここで環境が変わることによるストレスがあるので注意点がいくつか‥‥。


ここからは、担当医である女医先生にバトンタッチで説明を受けました。


【看護について】

■温度管理
28℃〜31℃

■安静 水槽
止まり木は、あると具合が悪くても捉まろうとする習性があるので入れない。

■体重測定 毎朝
るるぶぅの場合のリミット体重47g
下回ったら病院へ

■明るい時間
しばらくは夜間もご飯を食べるように点灯のままにし、徐々に普段通り

■食餌
療法食【ラウディブッシュ】 フォーミュラ AL
[肝機能が低下した鳥に対して、低タンパク質な食餌からでも栄養を得られるように作られた、高ビタミンおよびミネラルを含む療法食]をすり鉢等ですりつぶして、さらに茶こしで振るって粉状にしたものを与える。(お湯で溶くと流動食にもなる)

参考までに私はこんなん使ってます。
ミルサー
※ミルサー

茶こし
※この茶こし、蓋がついてるから振るったときにこぼれなくて便利です。





さぁ〜〜、ぶぅちゃん
おうちに帰るよ〜〜〜〜〜〜ぉ
 

151201-1.jpg


なんてったって
45日ぶりの我が家!


151201-3.jpg



もぉぉぉぉぉぉ、ぶぅも私も大興奮!!



だせだせだせだせ〜〜〜〜ぇぇぇ だしやがれぇぇ〜〜〜と
飲まず食わずで大騒ぎ‥‥


FirefoxScreenSnapz002.jpg
※あんまり覗くと良くないので、スマホ利用の簡易監視カメラ
※緑の■が音声レベル 黄色はいわゆるレッドゾーン(MAXレベル)






大興奮しすぎて‥‥





翌日の夜、再入院しまつた‥‥(´・ω・`)


退院時51g → 46.7g

貧血気味だし、リミットといわれていた体重47gも1日で下回ってしまったし
なんてったって絶食便だったので‥‥

再入院した日のみ、強制給餌と点滴治療を受けたそうです。

入院が長い子は慣れるまで入退院を繰り返す事が多いとか‥‥




そして‥‥
実は昨日(12月8日)、
血液検査の結果が良好で一時帰宅許可がおりましたぁ〜〜




そして‥‥





先程(翌日の夜)再々入院いたしましたぁ〜〜〜(もうヤケクソ)



なんでじゃ、ご飯食べてくれないのだぁ〜〜
それ以外は、とっても元気なんだけどなぁーーー

151201-2.jpg





にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村
黒いうんち騒動から、1週間の抗がん剤休薬を経て
11月24日(火)に、状態を見る為、血液検査をしたるるぶぅちゃん

結果はある程度その日のうちに電話で聞いていて
速報をTwitterのほうでもつぶやいていたのですが‥‥


るるぶ血液検査比較3
※クリックすると大きくなります。



やっぱり白血球にちらほら異型がみられ、数値も少しあがっちゃいまして、
お薬を続けよう!ということになりました。

今日、面会のときに、詳しい内容をご説明いただいてきたのですが‥‥

少し貧血気味で白血球の数値も少しあがっていました。

ただ、腎臓、肝臓の数値は問題ないとのこと。


血液検査をした火曜日から、また抗がん剤治療が再スタートしたのですが、
今回は通院治療を考慮してーーー

・投与回数: 週2回 → 週1回
・胃薬: 注射 → 飲み薬

このようなスタイルに試験的に変更しているそうです。

そして、今のところ黒いうんちもせずに
餌もバクバク食べていて、体重 51gをキープ。
(体重はあまり増えると肝臓に負担をかけるので、これ以上増やしたくないそうなのです)

これでまた来週の火曜日に血液検査をして、
その結果次第で
その日か、水曜日に退院
‥‥と!!

でも、あまり期待して数値が悪かったら
ショックで立ち直れなくなるので
小躍り自粛!!!

ジャイアンるるぶぅが入院して今日で42日‥‥
あまりにも心配しすぎて
常に最悪な状態を考えちゃう体質になっちゃってます

本当は、今日退院させようかとも思ったそうなのですが、
またすぐ火曜に連れてきて、血液検査と抗がん剤投与ということを考えると
ぶぅの負担を考えて、ここはまだ慎重に‥‥ということでした。

そうだよね‥‥
そりゃぁぁ、直ぐにでも連れ帰りたいけどさ
すんごい病名告知されて 目の前真っ暗になってさっ

ジェットコースター気分味わいながら42日も入院してるから、
もう退院の光が見えただけで万々歳なのよさっ
それが3日延びようが
退院出来るならもぉぉぉ、それだけでぇぇ






当のるるぶぅさん‥‥
今日もめっちゃ元気でじっとしてない!(爆)
やっぱり院長先生の前だけは緊張しているかも‥‥


女医さん曰く
「だんだんやんちゃになってきて、注射のときとか文句言うようになってきたww」と


スイマセン!!
思いっきり猫かぶってました


151128-2.jpg


そうだろう、そうだろう

あのぶぅが大人しく治療を受けてた‥‥ってなほうが、不思議なことで
よぉぉぉっぽど具合が悪かったってことよさ



さぁぁぁ、ぶぅちゃん
あともうちょっとなんだから、
そのジャイアンパワーはガン細胞のほうで使ってちょ





にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村
るるぶぅの抗がん剤治療、3クール目(6回の投薬)を終えて‥‥

ちょっと、ジェットコースター気分を味わいましたわ




毎日病院に電話して様子を聞いているのですが、
血液検査をした11月17日(火)の電話は

今まで通り黒いウンチもしてなく、食欲・元気有り。

そして、血液検査の結果は貧血もなく
(詳しい事は後ほど説明いたしますが)



概ね 良好!!



っと担当の女医さんのほうからご説明頂いてガッツポーズだったのです。

ちょいとその「おおむね」ってのが気になるけど‥‥ ←過敏なあたし

結果の説明と今後の治療方針の相談ということで、
再び院長先生とお話しする日を 二日後に決めた訳でした。

こりゃ、マヂで退院も夢じゃないぞ
小躍りしておりましたのよさ。。。




翌11月18日(水)
「まぁ、翌日行くけど、様子聞こう〜」っと、軽い気持ちで再び病院に電話したのです。
今日は担当の女医さんはお休みの日だったので、別の先生?の説明だったのですが‥‥

「今日、るるぶちゃん、黒いウンチをしたんです!

え、えええええええええええええっ!!!!!


く、く、くろいウンチって、血便だよね
胃から出血したってことだよね
こ、これが「概ね」の意味か?!

しかも説明はまだまだ続きます‥‥

「今あげてる飲み薬は胃腸に負担かけるからストップしています。
黒いウンチが出ると、急変もあり得ます‥‥」と


言ったわねっ!
入院トラウマなわたしに絶対禁句な「急変






血便 ってことは 胃がんの可能性あり??

るるぶぅは5歳だから、進行早いのかな‥‥

はぁぁ、もう連れてかえってあげたほうが‥‥

胃がんなら、もうもう家で看取りたい‥‥



鳥友ちゃんに泣きつきながら、膨らむ膨らむふたりの妄想‥‥


あぁぁ、私も胃に穴あきそうよっ 




翌日‥‥

よし!!もう連れ帰ろう!!
今すぐはさすがに危険だろうから、週末にでも!!!

っと 覚悟を決めて、向かった病院




名前が呼ばれ、診察室へ‥‥





(院長先生、の〜んびりとカルテを見ながら‥‥)

院長「んー血液検査結果は良好ですねぇ

私「な、な、な、なんか 昨日、とんでもないことが起きたようで‥‥」

院長「言い方大げさだったかもしれないねー。
   ちょっと黒いウンチが出ただけで、そんなにたいした問題ではないよ」


私「へっ?



胃の調子が悪くなって、胃からちょっと出血があって黒いウンチがでるのだが、
続かない限り気にしなくても良いと。(るるぶ、今日は普通の便)
警戒するのは、お薬を使ってのそういう状況は、より負担が掛かってしまう。
普通だったら胃薬使って直ぐ収まるものが、取り返しつかなくなる時もあるのでより警戒する。
でも、今の状態で黒いウンチが出ている場合はそんなに心配はいらない。

とのことでした。
う〜ん、なんだかよくわからないけど、院長先生が心配いらないっていうんだから
心配いらないんだろう‥‥




っと、伏線がめっちゃ長くなりましたが



当初、いろいろな選択肢の中から今後の事を相談しよう思っていたそうなのですが、
今回の黒いウンチの件で、選択肢が絞られてしまったそうです。



るるぶぅは現在、抗腫瘍効果がある薬を2種類使用しているそうです。
その内「抗がん剤」といわれているものは週2回飲ませているもので(本当は今日が投薬日)
どっちが効いているのかはっきりしないところではあるけれど
抗がん剤(胃に負担掛かる方)のほうが効果高いと思われているそうです。
また、抗がん剤治療では正常値に戻っても薬を続けるのが良いそうです。

だけど‥‥黒い便が出てしまったので
胃の粘膜の修復は1回出血してから正常な子で1週間ぐらいかかるとのこと。
なのでその間はその薬を使いたくない‥‥。


そこでストップすることによる問題
抗がん剤は一度弱い薬にして腫瘍のほうが勝ってしまうと、もう強い薬に戻しても効かないことが多い
強い薬を使い続けることで耐性が出来ずらい。
そこが微妙でどうしようかと悩む‥‥


抗がん剤治療を続ける上での問題
抗がん剤なので扱いが難しいため(医師以外ダメ、みたいな?)
厳重注意するよう言われている ←自宅で投与は不可
となると通院治療になるが‥‥
現在の週2回投与の通院治療は鳥と飼い主にとっても負担であろうからどうしようかと悩んでいる。
週1回に減らすと、どうなるのか‥‥ →チャレンジしてみるかどうか。



そして院長、苦渋の決断

今回、たまたま昨日黒いウンチが出たということで、お薬お休みになっちゃうので
逆に言えばこの機会に今使ってる薬を1週間お休みし、血液検査。(来週火曜日頃)
その時の数値次第で悪いようだったら改めて強い薬を使う。
もちろん耐性が出来てしまう可能性もあるが
胃腸がその薬でこういう状態になったのなら、休まざるを得ない。
(強制的にお休みという感じ)


休薬だし、るるぶの状態が良いので、自宅に帰してあげたいとも思ったが、
胃の問題があるので、注射や経過を見たりしないとならない。
ちょっとこの一週間はまだ入院のほうがイイかなと思います。

退院して、胃の調子悪くなってしまって再入院してもっと悪化したり、
それが元で亡くなったりという場合もあるし‥‥
腫瘍と別のところで亡くなると非常に残念なので‥‥

ということでした (´・ω・`)



そして、今回の抗がん剤治療のことや、疑問に思っていたことを質問してみました。
(クチバシの色の件は、今回感じなかったので保留)


Q:現在の状態は、抗がん剤治療の説明時に話していた成功に近い状態ですか

いや、かなり成功に近い。
ただ犬猫の場合あまりにも経過がよいと再発も早いといわれているのでそこも警戒
→でも鳥だからわからない



Q:犬猫のリンパ腫についてネットで調べた疑問(リンパ腫は抗がん剤で治らない等)

犬猫とは全然違うので鳥の場合はあまり参考にならない。
他のガンとかでも、鳥の場合は切り取ってしまえばおしまいというケースが多いので‥‥
とはいっても、警戒はする。



Q:体重の減少が心配‥‥

全然心配いらない。 今、とっても体型が良いと思う。
むしろ増やしたくない。(←キッパリ)
デブはお嫌いなのね‥‥


1週間後の体調次第で
なるべく自宅療法へ持って行くようなスタイルに考えたい

とにかくまず胃を治すこと


っということでした。




さて、血液検査の結果です。 また比較表を作ってみました(暇人?

るるぶ血液検査比較2
※クリックすると大きくなります。


・貧血もない
・はじめ懸念されていた腎臓の数値が片側高めでもう片側が低めだったが今回は枠内に収まっている
・肝臓の値も大丈夫

 →薬の副作用的なものは気にしなくてもよさげ



【白血球について】
・リンパ球の数値自体も3.8が29.3と一見増えていると思うが、正常
 (むしろ前回はリンパ球の数が抑えられすぎてる)
・全体の数も正常



かなりラッキーな症例の中でとっても長生きしている子(18歳のセキセイ)がいるので、
そのパターンに入ってくれないかなぁと思っている。
このお話は、抗がん剤治療の説明時にしてくださったのですが
10歳の時にリンパ腫で肝生検やったセキセイインコが現在18歳で今も元気というお話でした。




最後に
無理して連れ帰って胃がんになっても困るのでお願いします‥‥と私。

「サザナミは胃の粘膜の癌(腺癌)は稀。 セキセイは多いけど‥‥。
   ただ、サザナミは胃は弱いね。」とのことでした。



20151119-1.jpg


ぶぅちゃん、どうも院長先生の前だと、おすまし顔になってしまうようで‥‥www

お爪もトリミングしてもらって、全体的になんかキリッと精悍になった??(≧▽≦)


20151119-2.jpg


あぁぁぁ‥‥

今回の休薬で、どうかどうか、数値が上がりませんように‥‥

それさえクリアできれば、本当に退院も直ぐそこなのよぉーー(>人<;)




にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村
11月14日(土)の昨日 
るるぶぅに会ってきましたぁ


ぶぅが入院して‥‥ 28日目
はぁ‥‥もうこんなに長く入院してるのねぇ
抗がん剤治療も3クール目の1回目(通算5回目)を終え、
とりあえず初めの治療計画でいくと、残すところあと1回
今日(11月15日)の投薬で一区切りとなります。
そのあと、17日に血液検査をして、その結果を元に
再度院長先生とその後の治療方針を相談することになっています。


目立った副作用はないのですが、
2クール目終わったアタリから多少体重が落ちています

ただ、本人は変わらずとっても元気で、食欲もあるので
強制給餌はせずに、点滴治療のみとのことでした。
やはり胃腸に負担かけているのでしょうね



【体重の変化】

10月18日 入院 肝肥大 49g
10月19日 2日目 血液検査 強制給餌3回↓ 47g
10月20日 3日目 病状説明・面会 47g
10月21日 4日目   48g
10月22日 5日目   49g
10月23日 6日目    
10月24日 7日目 面会 49g
10月25日 8日目   50g
10月26日 9日目 強制給餌3回↑ 50g
10月27日 10日目 強制給餌2回↓ 50g
10月28日 11日目   50g
10月29日 12日目 抗がん剤1回目 51g
10月30日 13日目   52g
10月31日 14日目 強制給餌2回↑ 51g
11月01日 15日目 抗がん剤2回目 強制給餌1回↓ 54g
11月02日 16日目    
11月03日 17日目 強制給餌1回↑ 55g
11月04日 18日目 血液検査 強制給餌なし↓ 54g
11月05日 19日目 抗がん剤3回目 54g
11月06日 20日目 面会 54g
11月07日 21日目   54g
11月08日 22日目 抗がん剤4回目 54g
11月09日 23日目    
11月10日 24日目   53g
11月11日 25日目   53g
11月12日 26日目 抗がん剤5回目 52g
11月13日 27日目   51g
11月14日 28日目 面会 52g
11月15日 29日目 抗がん剤6回目予定 52g
11月16日 30日目   51g
11月17日 31日目 血液検査予定 51g
※11月17日加筆



るるぶ抗がん剤治療体重推移






ただ‥‥わたし的にちょっと気になった点がもうひとつ



面会後、ワクワクしながら撮った画像を見たら



ん?? なんか鼻とクチバシアタリの色が悪い??‥‥と。




151114-1.jpg


おニューのあいふぉーんで初めて撮影したからそのせい??

今度の血液検査結果説明の時に、そのことも聞いてみようと思います。





とはいえ、本当に恵まれた というか しあわせなことに

小鳥の病院トップクラスのところで

最新の治療及び手厚い看護を受けているので

正直、何があってもこれ以上のことはないと思っています。



今、転院を決めた時の様子を改めて見返すと‥‥



とってもシンドそう‥‥ Youtubeのほうは大きな画面なので、もう少し表情がよくわかります。




その時に比べたら、本当にぶぅちゃん
スッキリした表情でとっても元気になったと思います。


151114-2.jpg




がんばれ ぶぅちゃん!

    退院は近いぞ!!
(ならいいなぁ‥‥)




にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村
るるぶぅが入院して20日目の11月6日(金)に面会&血液検査の結果を聞きに行ってきました。

8日ぶりに会うぶぅちゃんは、抗がん剤治療中とは思えないほど
とっても色つやが良く、いい感じに元気いっぱいでした(o^^o)


151104-1.jpg


今日は、初めにるるぶぅを診察してくださった先生からのご説明です。



体重:昨日、今日変わらず 54g(強制給餌なし)

昨日(11月5日)に2クール目3回目)の投与
投与後も調子良く、ご飯もモリモリ食べているそう。



2yellow.gif

[抗がん剤 1クール終了後 - 11月4日] 血液検査結果 :



【血液塗抹の画像比較】

前回:リンパ球がいっぱい
rurubu_blood1pre.jpg




今回:リンパ球がポツポツ
rurubu_blood11-04.jpg






【血液検査結果】

るるぶ血液検査比較
※ 比較しやすいよう前回の表に今回の表をはめ込んでいます。
※ クリックすると大きく表示されます



◎今回の血液検査の評価

 ・赤血球:貧血解決
 ・白血球:1/8まで落ちた
 ・リンパ球:4割近く減った 正常範囲
 ・タンパク数値あがって栄養状態も良くなっている
 ・抗がん剤やると肝臓とか腎臓に負担かけることがあるが今のところ問題なし


抗がん剤治療→今のところ上手くいってる感じ





【今後のお話】

1クール(=週に2回の投与)終わってかなりよくなってる
       ↓
一過性じゃないことを確認したいのと、副作用がこのあと出てこないかも確認したい
(たまたま下がっていたということも否定はできないので)



今のところ順調で、調子も良い(本人の調子もかなり良いみたい)
状態としてかなり上がっているが‥‥

退院して通院治療した場合
週2回通うと、やはりそれだけで疲れる
(通院でやったケースもあるがかなりしんどかった)
※抗がん剤投与はシビアな為、家では投与出来ない


出来ればあと2クール 入院で治療 ← 血液検査で状態を確認してからのほうが安心

血液検査は本人の負担を考えて、1週空けるかも‥‥


っというお話でした。

せっかく、ここまで元気になったのに、ここで無理をさせたら元も子もないと思い、
グッと堪えて‥‥このまま入院で継続治療をお願いすることにしました。







今日は、前回の願いが通じたのか、

プラケがとってもきれいでしたわ(爆)



るるぶぅは「性格はアレだけど、乙女顔」と
仲良し鳥友まぁこちゃんから言われるくらい、それはそれはジャイアンな奴なのですが、
病院では他の小鳥と接触することもないので性格の悪さはバレておらず‥‥

病院のアイドルになっているとか ウマク ダマシタナ‥‥



151104-2.jpg

151104-3.jpg





まだまだ、この先どうなるかわからないけれど、

とりあえず

抗がん剤治療1クール目で、
手応えあった感じでした o(≧ω≦)o





にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村
29日(木)に、再びるるぶぅの治療について院長先生とお話してきました。




【るるぶぅの様子について】

体重: 入院当初 47g → 現在 52g

だいぶ体型も良くなっていて、しかもお腹がパンパンだったのが、今は凹んでくれたので
数値的に5gの増量だが、実質的には8〜9g増えているのではないかと思われる

様子もとても良い感じである。
ツブツブウンチも流動食と療法食ではあるけれど、良くなってきている(擦った餌ではあるけれど、砂肝の機能も良くなっている)





【病理のほうの検査結果】

リンパ球のほうにガン化の兆候がみられる。 


・リンパ性白血病かリンパ腫による白血化かは肝臓生体検査をしないとわからない
・(肝生体は費用がかかるので)一つの方法として、検査を省いて治療スタート(抗がん剤を試す)

リンパ球のほうにガン化の兆候がみられるという時点で、
抗がん剤を使う理由は出来ている


っと、次のステップとして費用的なことも含めてどうするか‥‥
という問題を考慮してご提案くださいました。







実は前回の院長先生のお話から、
それはそれはずぅぅっと悩んでいて‥‥

つらい思いはさせたくないし
残された命が短いのなら、
もう連れて帰ってゆっくり余生をのほうがいいのかな
‥‥って。







先生に、正直な気持ちをぶつけてみました。




【余命について】

Q: もしも治療しなかったら?

こればっかりは何とも言えないが‥‥
こういう腫瘍の場合、下手したら今日パタンと‥‥というのもあり得る。
その可能性が日増しにどんどん高くなる。




Q: 家で静かに逝かせてあげるほうがいいのか悩んでいる

全然静かじゃないですよ (えっ!苦しむってこと?!)
せっかく助かるかもしれない
しかも治療としては抗がん剤がつらいわけではないので‥‥




Q: 退院後、一日でも長く一緒にいられる為の選択肢は?

一番は、肝生検して入院しながら抗がん剤治療をするのが良いのだが‥‥
肝生検は小鳥にたいして負担をかける検査ではないが、飼い主の懐に負担が掛かる金額。



費用的負担を考え、どちらか一方という選択をした場合:

・肝生検あり + 通院治療 
・肝生検なし + 入院治療 のほうがリスクがグーンと下がる。


なぜなら‥‥(通院治療だと)
抗がん剤は週二回の投与 移動で体力消耗してしまう。
点滴治療(抗がん剤によって多少胃腸に負担が掛かる)などコントロール出来ない。




実は 費用的問題が、一番生存率に関わる問題





【抗がん剤治療ついて】

◎副作用
今までやってきた中では見たことがない。
効果があった場合、逆に元気になる
抗がん剤による消化器官への負担を減らすために、点滴もあわせてやる。


◎流れ
週2回の抗がん剤投与
1週間から2週間に一回、血液検査でどの抗がん剤があたるのか検査

もちろん、あれこれ抗がん剤を試してどれもヒットしない場合もある
抗がん剤が効くタイプのリンパ腫と効かないタイプのリンパ腫がある‥‥





恐らくやらなかったらいつ亡くなってもおかしくない‥‥
そういう例を見ているので、助けられる命があるなら僕らは治療をしないという判断は出来ない
もちろん、飼い主さんにお任せするのだけれど‥‥
治療しても当然亡くなっている子もいるという情報もお伝えしなければならないけれど‥‥。

ただ、
この抗がん剤は
リスクがとてもとても低いので試してみるのもいいのかな
と‥‥


お医者さんとしては間違っているけれど‥‥
肝生検をして結果がでるまで1〜2週間待つより、もう抗がん剤治療をした方が良いかなぁと。
今、体調が良くなってきているので、早くはじめたいなぁ。
正直、生検やって結果を待っているうちに悪くなっちゃって亡くなった子も見ているので‥‥。


と、院長先生のお話を聞いていて、


やれる事があって、しかもある程度望みもあって、るるぶぅがつらくないならば
やる価値はあるのかなぁ‥‥っと。

あぁぁ、もう、揺れる揺れるわたしの気持ち‥‥


今、入院時に比べて本当に元気になっているけど、
体重が52gの今も自らの食事だけではなく、2回/日の強制給餌と点滴治療中とのことだったので、
今連れ帰ったら、急激に悪化するのでは?という不安も手伝って。。。


肝生検なしでの入院のままで抗がん剤治療をお願いすることにしました。




できる限りのことはやります。と言っていただき
診察室をあとにしました‥‥


あぁぁぁ、入院トラウマなわたし‥‥
あと何日、不安な日々を送れば良いのでしょう ><。
るるぶぅが入院した日から、願掛けて大好きなスイーツ断ちしています。


151029-2.jpg

151029.jpg


ねぇ、院長先生‥‥

次の面会の時は、もうちょっときれいなプラケにしてよ

プラケが傷だらけで、ぶぅがよく見えないよぉ〜〜〜〜 www








そして、早々に抗がん剤治療がはじまりました。






治療開始翌日 30日(金)
 体重 52g
 食欲・元気あり


今日 31日(土)
 体重 51g
 食欲・元気あり    とのことでした。

効果の程は、血液検査をしてからと言うことでしょうね‥‥



るるぶぅに、無駄な体力を使わせたくないので、面会はもうチョット我慢だわっ ><。。
あぁぁぁ、匂い嗅ぎたい‥‥
禁断症状‥‥



残された飼い主は もう、我慢と祈ることしか‥‥
 
 どうか、どうか、抗がん剤がヒットしますように‥‥(>人<;)


がんばれ!ぶぅたん!!
得意のジャイアンパワーで、がん細胞を蹴散らすんだぁぁ〜〜





にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村